令和3年度(2021年4月~2022年3月)

令和3年度(2021年4月~2022年3月)

県民のための県有地の貸付及び賃料に関する特別委員会設置
の経緯

9月定例会の開会日となる9月21日、突如として県有地に関する特別委員会を廃止する動議が提出され賛成多数で可決となりました。私は反対討論において、県議会議員として自らの職務を放棄するかのような動議には賛成することができず、特別委員会の継続とさらなる議論を訴えましたが、残念ながら特別委員会は廃止となりました。
 その後、多くの皆さんから特別委員会の廃止について厳しいご意見をいただき、私が所属する会派、自民党誠心会では県議会における議論を一層深めていくためにも新たな特別委員会が必要と考え、県有資産の効率的な運用と高度活用に関する調査及び検証特別委員会を設置するための議案を提案しましたが、他の会派の皆さんのご理解をいただくことができず賛成少数で否決となりました。
 一方で、他会派から県民のための県有地の貸付及び賃料に関する特別委員会の設置に関する議案が提出されました。この特別委員会では、これまでの委員会と違い裁判で係争中の県有地に関する議論は省かれることになりますが、議論の場を作るという意味ではないよりあった方が良いと考え、賛成討論もさせていただきました。こちらの特別委員会は賛成多数で承認となり、私も委員会メンバーとして活動することになりました。今後は県有地の貸付と賃料について公平公正なルールが策定されるように、執行部と議論を交わしていきたいと考えています。

県民のための県有地の貸付及び賃料に関する特別委員会

堀内詔子大臣と連携し県政を前に!!

令和3年10月、岸田文雄総理大臣が誕生したことに伴い、堀内詔子衆議院議員が東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当並びにワクチン接種推進担当大臣に就任致しました。大変な重責ではあると思いますが、これまでの堀内代議士の活躍が認められてのことと心から嬉しく思います。大臣に就任したことで激務が予想されますが、岸田総理を支える側近として、山梨市及び山梨県にとっても有益になることは間違いありません。これまでも様々な場面において連携を図ってきましたが、今後は一層国政との連携を深め、地域の発展のために邁進していくことをお約束致します。

12月2日(木)
堀内大臣との意見交換会

教育厚生常任委員会での活動

11月8日(月) 県内調査

・甲府西高校(甲府市)にてグローバル人材育成教育プログラムについて現地調査

・少子高齢化社会における介護のあり方について意見交換会

甲府西高校にて
介護事業関係者との意見交換会

6月4日(金) 県内調査

・加納岩小学校(山梨市)にて25人学級について現地調査

・障がい者就労支援事業所(甲州市)にて現地調査

加納岩小学校にて
ケアフィットファームにて